バイナリーオプションは詐欺だから勝てない?

バイナリーオプション、FX、株、その他さまざまな金融商品にて、これまでに多くの損失をかかえて退場された方は無数におられる事でしょう。

その中でも、当サイトも専門としているバイナリーオプション取引においても2013年をピークに「出金ができない」または損失を抱え込んでしまった事から「あの業者は詐欺ではないか!?」と言うお客さんから国民生活センターへの相談件数が急増しました。

スポンサーリンク

その結果、日本国内のバイナリーオプションを取り扱う業者すべてに規制が入り「ギャンブル性」を無くすという観点から、短期取引ができなくなりました。

バイナリーオプションは本当に詐欺なのか?

ここからは、私の主観も含めて解説していこうと思います。

まず、結論から言うとバイナリーオプションは詐欺ではないとい事です。これは断言して言えます!

なぜなら私は複数の業者を使わせていただいているのですが共通する事はどれも信用できる業者でしか取引していない事です。


信用できる業者とは

まず日本国内のバイナリーオプションを取り扱う業者の場合、1分間取引、5分間取引、15分間取引などの超短期取引を扱っていなければほとんど信用できるでしょう!

逆に日本国内のバイナリー業者で仮に超短期取引を扱っていたら疑うべきです。日本はすでに規制が入っていますので今さらそおいった業者はほとんどないと思いますが、大切な自己資金を投資するわけですからくれぐれも気を払うべきなのです。

次に最も注意しなければいけないのが海外業者です。海外業者の魅力はなんと言っても超短期取引ができるという事。
ですが、海外業者であればどこの業者を利用して安心とう事はありません。


海外業者の安全な選び方

詐欺でない海外業者の選び方には簡単に2つのポイントがあります。

ポイント1

キプロス証券取引委員会に認可を受けているかどうか!

(キプロス証券取引委員会とは?)
わかりやすく説明するとキプロス共和国の金融規制当局の事です。ここに認可を受けるための審査は非常に厳しく詐欺業者はまず審査に通過できないと考えてもいいでしょう。

ポイント2

日本語対応しているかどうかです!

日本語に対応している業者というのは、それだけ組織化されており運営歴の長い信頼できる業者となります。
しかも日本人の電話サポーターなどもついておりますので、困った時にはすぐに対応可能となっております。


まとめ

結局のところバイナリーオプションは詐欺だと疑っている者は、無登録な悪質な業者を利用してしまった事が一番の原因ではなかろうか!?

私はたくさんの業者を利用した経験はないものの、少なくともこれまで十数年、信頼の高い業者を今でも複数利用させていただいているのですが、今まで出金のトラブル等一度もありません。中にはバイナリー業者はレートを操作しているから詐欺だという声もありますが、確かにレートが遅れたり、早かったりと感じた経験はございます。ですが、それは頻繁に起こる現象でもないですし、やはりバイナリーオプションに限らず、FXの各業者ごとを比べてみても、それぞれの業者の価格レートはほぼ正確に一致しているのかというとそうではありません。
業者ごとに多少の価格のズレは生じるものですが、我ら投資家達は最初っからそれを理解しておかなければいけないのです。

スポンサーリンク