バイナリーオプション税金に関する豆知識

バイナリーオプション税金を海外と国内で徹底比較!

投稿日:

まずは国内バイナリーオプションの税金を検証

 

国内バイナリーの特徴

 

特徴① 利益に対し一律20,315%

(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%=20,315%という事になります)

特徴② 損失が出た場合最大で3年間の繰越が可能

どんな優秀な投資家であれバイナリーオプションも毎年必ず利益が出るという保証はありません。そんな申告の時に役に立ってくれるのが3年間繰越計算が可能という事です。

例えば1年目にぼろ負けし-100万だっとして2年目で+300万だった場合、当然1年目は申告する必要もなくて利益の出た2年目に1年前の分の-100万を引いて利益は200万円で申告する事ができるのです。

海外バイナリーオプションの税金を検証

海外バイナリーの特徴

特徴① 税金の種類 雑所得(総合課税)

特徴② 国内業者とは違い前年度の損失を繰り越す事ができない

特徴③ 利益の額が増えれば増えるほど課税も大きくなる

 

海外バイナリー税金例

 

利益額税率
195万以下5%
195万以上~330万以下10%
330万以上~695万以下20%
695万以上~900万以下23%
900万以上~1,800万以下33%
1,800万以上~40%

と海外と国内とでは税率や優遇面が大きく異なっています。これをみた時、一見税金に関してはダントツで海外の方が不利という事がわかると思います。しかしその反面、どちらが大きく利益を出しやすいのかというと私の場合、即答で「海外」とお答えします。

 

 

【2013年8月】国内バイナリーオプション界についに規制がかかった件

2013年8月からいよいよ本格的に「金融庁」がバイナリー業者にたいし規制をかけてきました。その背景として、2013年までに世間にもバイナリーオプションを広く認知されるようになり人工もますます増加傾向である事を察知しました。その背景から投資者の安易な投資に導く可能性がある事から、今後被害者の増加をくい止めるべく、簡単に言うと「博打との境目を無くす」取引方法に規制をかけたのです。

国内バイナリー規制前

  • 今の海外バイナリー業者のように数分取引のオンデマンド取引ができた

国内バイナリー業者規制後

  • 取引時間が最短で2時間に変更
  • ペイアウト率は一律で1000円固定
  • 目標レートを自由に選択(レートに差があるほど安く購入できる)
  • 「売り」か「買い」か自由選択

 

海外バイナリーオプション界は今だ規制はかからず

そのうち規制がかかるという噂もあるが私がメインで使っている海外業者は幸いにも今だ規制はかかっていません。

海外業者の場合、ほとんどが、1分オンデマンド取引が可能となっています。ちなみに私の場合1分取引はほとんどやっていません。5分~15分取引がほとんどです。仮にこの判定時間の取引がなければ私にとってかなり痛手となる事は間違いなさそうです!苦笑

スポンサーリンク

-バイナリーオプション税金に関する豆知識

Copyright© バイナリーオプション専門学校 , 2018 All Rights Reserved.