バイナリー時間帯で勝率が劇的に変わった件

バイナリーオプションをするうえで「時間帯」を意識して戦略を立てる事は非常に重要な事であります。勝率をあげたいと思うのであれば「この時間帯」を攻略する事で、確実に勝率はあがっていきます。そして相場の値動きというものは時間帯によってもそれぞれに特徴がありそれを知っておかなければ当然バイナリーで勝率をあげる事はなかなか難しいでしょう。

そこで今回は時間帯別で狙うべき勝率の高い時間帯などを事細かく解説していこうと思いますので是非参考にしておくれ!

スポンサーリンク

 

1バイナリー勝率の高い時間帯がズバリこれ!{初心者必見}

東京時間の9:00~15:00

なぜ、この時間帯なのかというと答えは簡単で明確!

ロンドン、ニューヨーク時間と比べると値動きが一番緩やか=安定している時間帯!

なので初心者の方はまずは東京時間に限定して取引して見ることをおすすめします。

しかし!ただただ東京時間に取引したからといって勝率が上がるのかというと、もちろんバイナリーオプションはそんな簡単に勝てるほど甘くありません。東京時間でも激しく価格が動く時間帯は存在します。まずはその特徴をおさえておきましょう。

東京時間帯の特徴

・「仲値

「仲値」とはわかりやすく言うと銀行が取引するレートです。銀行で外貨両替したりするときの為替レートはFXのように動いているわけではありません。
「仲値」がその一日の基準となります。

「仲値時間帯」ハイエントリーで勝率アップ

仲値は朝9時55分のレートが基準になります。そして9時55分の前までに銀行は米ドルを大量に購入します。

なぜかというその仲値時間前に安く仕入れておき自らレートを吊り上げることができるからです。なので、9時から仲値が確定する9:55分頃まで米ドル/円は上昇しやすい傾向にあります。 それをいかしてバイナリー取引するのもひとつの戦略になりますね。

・「ゴトー日

「仲値のドル買い」の傾向は「ゴトー日」にはさらに強まります。

「ゴトー日」とは5日、10日、15日、20日、25日、月末のことで、この「ゴト日」には貿易決済が集中する事から米ドルの重要も増加します。その影響で仲値のドル買いが強くなるわけです。

2東京時間帯の逆張り狙いで勝率アップ

先ほどまでは仲値のドル買いを狙った上昇へと戦略について解説しましたが、実は仲値後に逆張りのおいしいチャンスが訪れることはよくあります。

それはなにかといいますと、仲値は基本ドル買いになる傾向があるのですが9:55をすぎたあたりから一時的に下降する動きもよくある事で、期待通りに相場が下降すればそれに乗っかった逆張りでとるという戦略もたてられるのです。

(現在5月10日) 例えばこんな場面↓

誰が見てもわかる通り9:55分のローソク足から一時的に大きく下降していることが確認できますね。

3バイナリー勝率の高い時間帯まとめ

バイナリーは勝率の高い時間帯は必ずあります。しかし何も考えずにただ自分が思うがままに取引をしていたは勝率をあげられるどころか資金をなくしていく一方です。

私の経験上からの解説になりますが、バイナリー初心者さんはできれば東京時間を極めた方が断然勝率は上げられると思っています。

よかったら是非検証してみて実践に役立ててくださいね。

またロンドン時間帯、ニューヨーク時間帯の具体的な戦略についても他記事で書いていこうと思うので取引時間帯の幅を広げてみたいという方はそっちも参考してみるといいでしょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です