バイナリー一目均衡表手法を伝授!

本日はバイナリーオプション取引における一目均衡表を使った手法を解説したいと思います!実際のところ私はもうほとんど一目均衡表を使わなくなりました。なぜなら、過去に一目均衡表を使いこんでた時期がありましたからチャートに表示しなくても勝手にイメージできてしまっているからです!(苦笑)ですがここでは一目均衡表の見方をいまいち理解していない人向けに正しい見方からエントリーするべきポイント等を具体的に解説していこうと思います。バイナリー初心者さんにとってはかなりおすすめの手法となっているのでよかったらマスターしておくれ!

スポンサーリンク


一目均衡表の見方(図解付き)

まずは最初に一目均衡表の見方と使い方の説明からしていきます。※すでに一目均衡表について意味を理解している方はここはスルーしていただいて構いません。

さっそく上の図を見てみましょう。これはMT4で表示した一目均衡表になります。
初めて見る方にはパッと見理解不能だと思います。私もはじめはそうでした。

ではわかりやすく簡単に説明してみるね。

まず一目均衡表には大きく分けると「基準線」「転換線」「遅行スパン」「先行スパン1」「先行スパン2」の5つの線でできたテクニカル分析手法となっています。

(転換線とは)
・過去9日分のローソク足の高値と安値の中間値

(基準線とは)
・過去26日分のローソク足の高値と安値の中間値

(遅行スパンとは)
・終値を26日過去にずらした線

(先行スパン1とは)
・当日の転換線と基準線の中間値を26日未来にずらしたもの

(先行スパン2とは)
・過去52日分のローソク足の高値と安値の平均値を26日未来にずらしたもの

(雲とは)
・上の図を見るとわかる通り網目のようなものが確認できると思います。これは先行スパン1と先行スパン2に囲まれる部分であり投資業界では「雲」と読んでいます。


一目均衡表の具体的なエントリー手法を解説

ではここからは今回のみそである一目均衡表を使い倒し具体的にどこのポイントでエントリーをすると高確率で勝つ事ができるのかについて解説しようと思います!(超重要)

一目均衡表の手法と言えども複数の狙い方があるのですが今回は下のチャート図解を見ながらその一部の手法を解説しておこと思います。

ステップ①
まず、トレードする上で基本でもあるトレンドの方向性を分析しなければいけないのですが一目均衡表はそれを一目で判断しやすい。わかりやすく言うとローソク足の位置が雲の上にあるのか雲の下にあるのかをチェックすればいいだけの事。ローソク足が雲の上にあればハイ狙い、下にあればロー狙いとシンプルに考えていい。

ステップ②
ではローソク足が雲の上にあればハイ、下にあればロー狙いという事はわかった。だけどただ単に1分足チャートの雲の位置を確認するだけではいけない。まずは最低でも1時間足⇒30分足⇒15分足⇒5分足⇒1分足という順で長い時間足から直近の相場の方向性を判断しなければいけない。

ステップ③
まずは1時間足をチェック。
1時間足はローソク足が雲の下にある事から直近の動きは下落相場である事が判断できますね。

ステップ④
30分足も雲の下にローソク足が位置していますので直近では下落相場と判断できます。

ステップ⑤
15分足のチャートは雲に入ったり出たりと相場の方向性がハッキリしていません。こんな場合は15分足チャートはスルーする事。

ステップ⑥
あら?下の図解を見てもわかる通り5分足チャートではどうやらローソク足が雲の上で位置していますね。しかし雲の形を見て下さい。全体的に雲は平行な形をしていますよね。まだ上昇相場の日差しもなく、しかも先ほどの長い1時間足と30分足の直近の方向性は下落相場でした。もちろん長い時間足での相場の方向性を優先的に考えなくてはいけませんので、最終的にはロー狙いするべきなのです。
しかも下の図のチャートを見てもわかる通り赤い線のライン付近で何度か反発をされていますね。結論から言うとエントリーの狙いはこのライン際でのローエントリーする事で高確率で勝てる取引ができると言うことになります。


一目均衡表の落とし穴(要チェック)

よくバイナリー業界の中では雲の暑さが大きければ大きいほどその雲に反発されると言われているが相場の値動きをあまり研究されていないバイナリー投資家さんは消してその事を鵜呑みにしてはならない。

確かに、雲の影響を受けて綺麗に反発されるケースはただある。

が、しかし、その前にもっと深く考えなければだましにあってしまうのだ!

ではわかりやすく説明しますよ!

まず、普通に考えてみて下さい。5分足と15分足とでは雲の位置は変わっている事をお気ずきですか?さらに15分足と1時間足とでは雲の位置は当然違ってきます。

何が言いたいのかというと、常に長い時間足での相場分析も怠るな!という事。

例えば仮にあなたが5分足チャートだけで雲の反発狙いのトレードしたとしてもなかなか勝率は上がらないでしょう。なぜなら5分足チャートの厚い雲といえども簡単に突き抜けるケースがただあるからです。

そもそもなぜこのような事と言うのかというと長い時間足でのチャート分析もろくにせず、1分足だけ、5分足だけのチャートだけで判断してしまいギャンブル的なトレードをしてしまう方が少なくないからです。


一目均衡表手法のまとめ

今回の一目均衡表を使った手法はいかがだったでしょうか?この手法がすべてではなくほんの一部の手法を書きましたが少しでも勝てないバイナリートレーダーさんのためになればと思い書かせてもらいました。

あくまで一目均衡表もトレードする上で補助的なインジケーターとなっていますので使い方や見方を勘違いしているとなかなか結果がついてきませんので過信しすぎずあくまで補助的なツールだという事を頭に入れておいてほしいものです。

基本的にどのインジケーターを使おうと、全体的な相場の方向性を把握しなければいけませんのでこれも頭にしっかりと叩きこんでおいて下さいね!!!

スポンサーリンク


バイナリー一目均衡表手法を伝授!」への5件のフィードバック

  1. ルキ

    一目均衡表を今週から入れてどんな感じなのか見ていました。やはり時間足の雲の位置も重要なんですね!

    返信
    1. バイナリー野郎 投稿作成者

      ルキさんへ!

      一目均衡表を使いはじめて見たとの事ですね。

      時間足の雲の位置は非常に大事です。 実際にトレードする場合は1分足の一目均衡表だけではなく

      5分、15分、30分、1時間足とそれぞれ必ず確認する事は大事な事です。

      そして時間足によって、どちらかの時間足で一目が機能している時間足と機能していない時間足があるのでどの時間足で一目が機能しているのか確認する事がとても重要です。

      返信
      1. ルキ

        返信ありがとうございます。
        一目均衡表が機能しているという状態は、雲の中にローソク足が入っていない状態の時という認識でよろしいでしょうか。
        例えば、
        1分は雲の下を下降中、
        5分、15分は雲の中、
        30分、1時間は雲の上でトレンド終わり下降気味
        4時間、日足は、雲の上で上昇トレンド中。

        のような事があるかはわかりませんが、
        このような時は、30分1時間足の状況と4時間日足から上昇傾向の判断になりますか?
        それとも、30分1時間は雲の上ではあるどトレンド終わり下降気味なので、下降傾向の判断になりますか?
        よろしくお願います。

        返信
        1. バイナリー野郎 投稿作成者

          ルキさん、返信遅くなり大変申し訳ありません。

          一目均衡表のご質問についてなのですが、詳しく説明すると話が長くなってしまうので簡単にお答えしておきます。

          私が言う一目均衡表が機能している場合の時というのは、5分足なのか、15分足なのか、1時間足なのか、4時間足なのか、どの時間足で価格が雲にキレイに反発されているのか!という事です。

          当然ながらそれぞれの時間足がすべて雲に絡んでいない事はありません。価格が雲の中にいる時間足もあれば雲の上にある時間足もあります。

          ざっくり言うと、上昇か下降かの判断材料としては日足⇒4時間足⇒1時間足の順で分析し、さらにここから30分足⇒15分足⇒5分足⇒1分足という順で分析し最終的なエントリーポイントを絞っていくという流れです。

          そして、ルキさんの質問の「30分1時間は雲の上ではあるどトレンド終わり下降気味なので、下降傾向の判断になりますか?」という質問なのですが、確かにルキさんが言うとおり雲の

          上に価格が位置しているにも関わらず、直近の動きは下降気味であるという場面は必ずあります。ですがそれが本当に下降傾向なのか、それともちょっとした休憩なのかという判断は正直

          ここですぐに答えきれるほど簡単な事ではありません。直接、ご一緒にその時のチャートの動きを見て入れば説明は可能だったのかもしれません。チャートは生き物ですからこれまで、ど

          ういうふうに動いてきたのかという事を知らない=判断材料がないのです。

          返信
          1. ルキ

            お忙しい中返事、ありがとうございます!
            チャートは生きてるので、同じパターンに必ずまた出会う事はなく。
            日々、時間足のチャートを見て、休憩中なのか、トレンドまたは、レンジがお終いになったのか、判断できるようになりたいです!
            細やかな解説をありがとうございます!
            また、よろしくお願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です