そもそもバイナリーオプションとは何?(初心者編)

バイナリーオプションとは何?

バイナリーオプションとはわかりやすく説明すると、数分後、為替の価格が上がるか下がるかだけをを予想して投資ができる取引の事。

取引じたいはとてもシンプルで簡単なんです!

例えば、現在の相場の価格が100円だったとしよう! 1分後、為替は上がるのか下がるのかを予想して1000円のチケットを1枚買ったとします。

仮に上へ予想したとして1分後価格が100円よりも上にあれば当たりという事で、1000円で購入したチケットが1800円で戻ってくる仕組みです。

あくまで、これは例であって、業者によってはペイアウト率も変わってきます。

ペイアウト率とは?

ペイアウト率とは簡単に言うと何倍になってお金がもどってくるのかという事です。

例えば、ペイアウト率が1.8倍の場合、1000円でチケットを購入して当たったとしたら1800円で戻ってきますよね。

ペイアウト率が1.9倍の場合、1000円でチケットを購入して当たれば、1900円で戻ってきますよね。

そのような仕組みです。

ペイアウト率は業者によって違う!

基本、ペイアウト率というものはバイナリー業者によって変わってきます。

なのでペイアウト率が低い業者もあれば高い業者もあるのです。

もちろん長い目でバイナリー投資をしていくのであればペイアウト率が高い業者で取引する事が大事になってきます。

ペイアウト率の相場は1,7倍~2,0倍

(注)バイナリーオプションでペイアウト2倍は高い方にあたります。多くの海外バイナリー業者は最高でペイアウト率2,0倍の取引を設けています。

そこで問題なのが、ペイアウト率2倍の取引の場合、スプレッドというものがつきものなのです。

 

スプレッドとは?

スプレッドとはわかりやすく言うと、仮に相場の価格が100円の時に1分後上へ上がると予想したとしましょう。通常であれば1分後、価格が100.001円以上であれば、当たりですよね。

ですが、スプレッドがついた場合、100.004円以上でなければ当たりではないという事なのです。

ようするにペイアウト率は2倍だけどその分ハンデはありますよ、という事です。

もっと噛み砕いてわかりやすく説明すると、リターンは大きい分、不利な状況を背負って取引しないといけないという事です。

よっぽど、その時のエントリーに自身があれば、スプレッドを背負ってエントリーしても構わないと思うがバイナリーオプション初心者の方にはこのスプレッド付のエントリーは推奨しておりません。

バイナリーオプションの取引時間は1分後取引だけ?

いや、違います。バイナリーオプションは1分後、2分後、5分後、10分後、15分後

と、もっと長い時間の取引も行う事が可能です。

ですが日本のバイナリー業者の場合、1分や2分と超短期取引はほとんど設けていません。以前、破産する方が続出した事から国内の投資業界に規制が入ってしまい。今では、最短でも2時間の取引となっています。

それとは逆に海外のバイナリー業者のほとんどは超短期取引も可能となっていますので、本格的にバイナリーオプションで短期取引を極めたい方は、海外業者を利用する以外手はありません!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です